著とした危惧や懸念から始まった不眠症でワンデイが台無しになる

非常勤として働いていて、休み勤務になった際、常にとは違う瞬間の鉄道に乗らなければいけないというプレッシャーを感じるので、絶対といって良いほど不眠症に悩まされます。
仮に遅刻したら派遣元にも連絡をしなければいけないし、派遣先にも連絡をしなければいけません。
それは障害であり、至極決まりの悪いことなので、絶対に遅刻してはいけないというプレッシャーが原因だと思われます。
休み勤務になってしまったときは、元来ウィークデーで、体躯はもはや疲れているのに、勤務しなければいけない、絶対寝坊はしてはいけないという負荷から、体躯は疲れているのに眠れないという、手詰まりになってしまうのです。
ひと通り11年月までテレビを見て、あとはテレビのタイマーをかけて、布団に隣になりました。
けれども60分のタイマーが近々なくなるという附箋がでても、依然として眼がランランとしているのです。
この時点でお昼になってしまったので、心にいらだちが始まります。
テレビのタイマーを二度と60分延長して、まだ眼を閉じてノイズだけ聞いたり、時として目を開けて画面を見たりしながら右側に左手に寝返りをうったり行う。
でも眠れずにようやく繰り延べしたタイマーも切れてしまう。
この時点で昼前1年月だ。
そうなると、内面で「即時眠れたとしても、二度と5瞬間しか眠れない」といった負の思考が始まります。
そうすると、経験から「あすは断じて辛いだろうな~」「そもそも朝方起きられるのだろうか」など位置付けるようになり、こんな不安からアラームを再度チェックしてみたり、素早く寝てみたいというウィスキーをちょっと引っ掛けてみたり行なう。
でも一層眠れないとおり瞬間がすぎ、普通落ち着かないのでケータイをいじってみたり、Youtubeを観てしまったり、3年月が過ぎてもまだまだ眠れません。
4時になった記憶はないので、4年月前には眠りについているのでしょう。
でも朝方6時にアラームがなってもどうも起きることが出来ません。
夜中の2年月過ぎにウィスキーを引っ掛けてしまったりしたので、ちょっと胸が酷く、胸が痛く、気分は最悪です。
食事をする思いにもなれず、とりあえずコーヒーだけ飲んで勤務しますが、乗った鉄道の中で、鉄道なのに酔って仕舞うという体調不良に悩まされます。
でも体調不良ならなんとか仕事をすることができますが、恐れはここからだ。
昼過ぎになると安眠瞬間2瞬間のツケが回って来る。
厳しい睡魔に襲われ、睡魔という闘うといった厳しい頭痛がやってきて、特に耐えがたいという表現につきます。
わずかな圧力から始まった不眠症で今日の一年中が台無しでした。脱毛未経験者は参考になるとこ間違いなし